2017年12月12日

アウガルテン(AUGARTEN) マリアテレジア(5098) クリスマスコレクション スノークリスタルオーナメント



エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色したシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 クリスマスコレクション
オプション ラッピング
サイズ 縦8×横7×厚み0.5cm 紐全長42cm


マリアテレジアの絵柄は、エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色したシンプルで重厚な作品です。当時女帝マリアテレジアの狩猟の城であったアウガルテン宮殿のディナーセットとして贈られたものであり、 アウガルテンの大いなる支援者であった女帝マリアテレジアに敬意を表してこの名前がつけられたもので、今日においても世界的に愛されています。

posted by hiromi at 18:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

アウガルテン(AUGARTEN) バイオレットブーケ(5600) ベース 8.5cm(522)





ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 バイオレットブーケ
オプション ラッピング
サイズ 直径4.4×高さ8.5cm


18世紀前半、東洋の影響を強く受けたシノワズリのモチーフがもてはやされました。そのモチーフからそれぞれの窯が独自の花模様を生み出していきます。このシリーズは18世紀後半からアウガルテンに伝わる絵柄をもとに、よりシンプルにアレンジして描かれたものです。金彩の縁どりの中にパープルの小花を繊細に表現し、華麗さと上品さを兼ね備えているシリーズです。

posted by hiromi at 16:43| Comment(0) | ベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

アウガルテン(AUGARTEN) ハイドランジェア(アジサイ)プレート 20cm(114ヴェルヴェデーレシェイプ)



日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています♪

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ハイドランジェア
サイズ: 実寸直径19×高さ2.3cm


ハプスブルク家からアウガルテンへの注文帳「インペリアル・オーダーブック」の中で、ジャポニズムスタイルを感じ取ることのできるシリーズの1つです。日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています。
初期バロック時代の傑作 ヴェルヴェデーレ114シェイプは、アウガルテン磁器工房の初期の時代に作られたものです。ディナーサービスに使用されており、シノワズリーのパターンに特に使用されています。初期バロック時代のシェイプは非常に素晴らしく、ウィーンにあるヴェルヴェデーレ宮殿を思い起こさせる美しいフォルムとなっています。

posted by hiromi at 16:44| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

アウガルテン(AUGARTEN) プリンスオイゲン(5848)プレート 20cm(001)



ハプスブルグ帝国の発展に大きく貢献した、軍人オイゲン公に献納されるべく命名されたシリーズ

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: プリンスオイゲン
サイズ: 直径20cm


1720年に創作されたこの絵柄は、アウガルテンに属する最も古いシリーズの一つです。当時は、このような「シノワズリ」とよばれる東洋のモチーフが好まれました。このプリンスオイゲンという名は、ハプスブルグ帝国の発展に大きく貢献し、芸術の大いなる支援者として知られた軍人オイゲン公に献納されるべく命名されました。最初に使用されたのはウィーンのヴェルベデール宮殿のガーデン・ルームにおけるディナーでした。

posted by hiromi at 23:42| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

アウガルテン(AUGARTEN) エナゴールドリム(5625)ティーカップ&ソーサー 0.20L(021)





ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: エナ
サイズ: カップ口径10×横幅13.5×高さ6cm ソーサー直径15×高さ1cm


アール・デコ期のアーティストとして著名なエナ・ロッテンベルグ氏(Ena Rottenberg 1893-1950)デザインによるこちらのシリーズは、1930年から製作されています。アウガルテンの特徴である、透明感あふれる美しいホワイト素地と流れるように繊細なシェイプは上品で気品溢れる仕上げになっており、マレーシア人や中国人、ムーア人などの東洋人をモチーフにした「エキゾチックヘッド」がつまみについたオリエンタルタイプは当時流行した様式です。

posted by hiromi at 23:55| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

アウガルテン(AUGARTEN) イヤープレート(干支プレート)(SA671)20cm 2018年 イヌ(戌)(062) 【日本限定】



2018年イヤープレート(干支プレート)

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: その他
サイズ: 直径20×高さ2.2cm


2018年、ウィーン磁器工房アウガルテンは開窯300年を迎えます。
その年を記念して、ウィーン磁器工房初期の時代にデザインされた“プリンスオイゲン”と、日本を代表する日本犬を融合させた2018年イヤープレート(干支プレート)が日本オリジナルで登場です。
グリーンシノワズリの花には様々な彩色、りりしい姿で前を向く犬の毛並の中には金、そして朱色と金の縁どりが、プレートを際立たせています。

posted by hiromi at 23:20| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

アウガルテン(AUGARTEN) フィギュリン アニマルフィルハーモニックス タンゴを踊るゾウ(クリムトカラー)



楽しそうに楽器を奏でたり歌い踊るオーケストラの楽員♪

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: アニマルフィルハーモニックオーケストラ
サイズ: 横幅5.5×奥行き4×高さ8.3cm


楽しそうに楽器を奏でたり歌い踊るオーケストラの楽員♪
アウガルテンのフィギュリンは、陶磁器の本体から成形されるのではなく、何十もの細かいパーツから成り立っています。その流し型は、細かい細工を保つために手、足、頭、洋服というようにいくつのもパーツに分けて型がとられます。それらのパーツは、本体に液体の陶磁器土を塗って取り付けられています。少ないものでも10ピースを下ることはなく、アウガルテンを代表する作品として有名なスペイン乗馬学校のフィギュリンに至っては68ピースものパーツが使われています。粘土の固さ、型抜きの時間など一連の作業は全て熟練した職人の勘により進められています。アウガルテンの繊細なフィギュリンはとても写実的で、本当に心安らぐ作品です。

posted by hiromi at 02:37| Comment(0) | フィギュリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

アウガルテン(AUGARTEN) マリアテレジア ピンク(50983) バラ ティーカップ&ソーサー 0.25L(062)



エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色した「マリアテレジア」シリーズのピンク彩色バージョン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: マリアテレジア
サイズ: 口径10×横幅12.5×高さ5.5cm ソーサー直径15cm


エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色した「マリアテレジア」シリーズのピンク彩色バージョンです。当時女帝マリアテレジアの狩猟の城であったアウガルテン宮殿のディナーセットとして贈られたものであり、 アウガルテンの大いなる支援者であった女帝マリアテレジアに敬意を表してこの名前がつけられたもので、今日においても世界的に愛されています。
※モチーフは、スミレ・スイセン・ストローフラワー・イヌ薔薇(野ばら)・ヒナギク(デイジー)・バラの6種類ございます。

posted by hiromi at 02:48| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

アウガルテン(AUGARTEN) ファンタジーバード(6766A)コーヒーカップ&ソーサー(070)



優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いた美しい作品

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ファンタジーバード
サイズ: カップ口径8.5×横幅11×高さ6.5cm ソーサー直径15cm


ファンタジーバードの絵柄はオーストリア応用美術博物館MAKに収められている作品からの復刻版。1785年頃に製作され「ロマンティック・ペインティング」と呼ばれたコレクションをもとに、優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いたこの美しい作品はアウガルテン工房の最上級絵付師によってのみ描かれています。

posted by hiromi at 02:28| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

アウガルテン(AUGARTEN) ハイドランジェア(アジサイ)(6703)ティーポット(S) 0.75L(114ヴェルヴェデーレシェイプ)



日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています♪

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ハイドランジェア
サイズ: 口径7.5×横幅20×奥行き13.5×高さ13.5cm


ハプスブルク家からアウガルテンへの注文帳「インペリアル・オーダーブック」の中で、ジャポニズムスタイルを感じ取ることのできるシリーズの1つです。日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています。
初期バロック時代の傑作 ヴェルヴェデーレ114シェイプは、アウガルテン磁器工房の初期の時代に作られたものです。ディナーサービスに使用されており、シノワズリーのパターンに特に使用されています。初期バロック時代のシェイプは非常に素晴らしく、ウィーンにあるヴェルヴェデーレ宮殿を思い起こさせる美しいフォルムとなっています。

posted by hiromi at 23:30| Comment(0) | ティーポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする