2018年11月06日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーローズ(5089) ケーキスタンド 30cm(001)



鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ウィンナーローズ
オプション ラッピング
サイズ 直径29.5×高さ10.5cm
ウィンナーローズの絵柄は、1924年アウガルテン宮殿にてウイーン磁器工房が再興されたころ、ウイーンの伝統的な花模様のローズをモチーフとして創りだされました。鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザインは何か人を引きつける魅力をもっています。ウイーン磁器工房の伝統と新しい息吹が生みだしたこの絵柄は、アウガルテンを代表する作品として、今日世界中に知られています。

posted by hiromi at 18:04| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

アウガルテン(AUGARTEN) モミの枝(6509) クリーマー(L) 0.25L(062モーツアルトシェイプ)



18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの枝をデザインしたシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 モミの枝
オプション ラッピング
サイズ 口径7×5.3cm 横幅11.5×奥行き7.5×高さ10.5cm

冬でも青々としているモミの木は「永遠の命」を象徴する聖なる樹木です。ロココ時代には、貴族の間で流行ったハンティングのシンボルとして広く使われていました。雪のように白い白磁に映える重厚で深いグリーンの葉が印象的なシリーズです。1935年にデザインされたロングセラーの1つでもあります。シェイプはロココ調の優雅なモーツアルトシェイプ(062)です。

posted by hiromi at 18:26| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

アウガルテン(AUGARTEN) ファンタジーバード(6766) プレート 20cm(001)



優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いた美しい作品

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ファンタジーバード
オプション ラッピング
サイズ 直径19×高さ2cm

ファンタジーバードの絵柄はオーストリア応用美術博物館MAKに収められている作品からの復刻版。1785年頃に製作され「ロマンティック・ペインティング」と呼ばれたコレクションをもとに、優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いたこの美しい作品はアウガルテン工房の最上級絵付師によってのみ描かれています。

posted by hiromi at 18:18| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

アウガルテン(AUGARTEN) クリスマスコレクション スノークリスタル ウィンナーローズ



ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 クリスマスコレクション
オプション ラッピング
サイズ 横幅7×奥行き厚み0.5×高さ8cm 紐全長36.5cm

posted by hiromi at 16:54| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

アウガルテン(AUGARTEN) 300周年アイテム ワインクーラー バッカス



ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 300周年アイテム
オプション ラッピング
サイズ 横幅35×奥行き22×高さ19cm 2.3kg


2018年、ウィーン磁器工房アウガルテンが開窯300周年を迎えたことを記念して発売された記念アイテムです。

19世紀ネオクラシカル時代のシェイプ。
正面にはビスク(素焼き)のメダリオンが焼き付けられ、持ち手は雄々しい山羊の頭で装飾されています。
ヨーロッパ各国の代表がオーストリアのウィーンに集結し、フランス革命・ナポレオン戦争後の後処理について話し合われた、ウィーン会議(1814-1815)の際、ワインは給仕される前にこういった入れ物に冷やされていました。
白熱した会議後の夜の晩餐を、少しでも和らげようと試みた、当時の人々の気苦労を知ることができます。

posted by hiromi at 17:56| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

アウガルテン(AUGARTEN) メロン ホワイト(1000) モカポット 0.5L(015)



ストライプという非常にシンプルなデザインながら、究極にモダンなエレガントさを感じさせるシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 メロン
オプション ラッピング
サイズ 横幅17.5×奥行き10×高さ17.5cm


通称ホフマンメロンと呼ばれ、ストライプという非常にシンプルなデザインながら、究極にモダンなエレガントさを感じさせるシリーズ。その名の通りメロンを連想させる形とデザインから「メロンシリーズ」と名付けられました。ウィーンの伝統的なデザインにこだわりながらも、新進アーティストや若い芸術家たちの作品も積極的に取り入れたアウガルテン。こちらは19世紀末のアールヌーボー・デコ時代、デザイン界の旗手ともいうべきヨーゼフ・ホフマン氏のデザインです。美しい白磁のシリーズですので、絵付け用にも人気がございます。
ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

posted by hiromi at 17:15| Comment(0) | ティーポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

アウガルテン(AUGARTEN) 300周年アイテム チョコレートカップ&ソーサー200cc アマリア



ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 300周年アイテム
オプション ラッピング
サイズ カップ口径7×高さ7.5cm ソーサー直径15cm


2018年、ウィーン磁器工房アウガルテンが開窯300周年を迎えたことを記念して発売された記念アイテムです。
18世紀にアウガルテンで製造されていたトランブルーズ(Trembleuse)カップ。
Trembler(フランス語で揺れる/震える)という意味を持つこのカップ、当時は主にチョコレートなどを飲むために使用されていました。
コーヒー/チョコレートは限られた上流階級の人間だけが口にすることができた贅沢品。
このエキゾチックな飲み物をベッドで飲む、というのが当時の流行だったようで、シーツの上にこぼれないようにこの形になったと考えられています。
24金で縁どられたこちらのアイテム、当時の貴族たちの生活様式が垣間見えるような逸品です。

posted by hiromi at 18:09| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

アウガルテン(AUGARTEN) H・ワイディンガー(6712D) シジュウカラ 陶板(ゴールドフレーム付)



ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 H・ワイディンガー
オプション ラッピング
サイズ 陶板11.5×11.5cm フレーム15×15cm


動植物と自然を題材としたアウガルテンの著名なマイスターペインター Hubert Weidinger氏のオリジナルデザイン。オーストリアの野山に見られる野鳥が生き生きと繊細に表現されています。絵付けでもっとも難しいといわれる鳥達が緻密に描きこまれたすばらしい逸品です。

posted by hiromi at 18:14| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

アウガルテン(AUGARTEN) メロン ブラック&ホワイト(7027) クリーマー(S) 0.07L(015)



ストライプという非常にシンプルなデザインながら、究極にモダンなエレガントさを感じさせるシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 メロン
オプション ラッピング
サイズ 口径5×4cm 横幅7.5cm(取っ手含む) 高さ5cm


通称ホフマンメロンと呼ばれ、ストライプという非常にシンプルなデザインながら、究極にモダンなエレガントさを感じさせるシリーズ。その名の通りメロンを連想させる形とデザインから「メロンシリーズ」と名付けられました。ウィーンの伝統的なデザインにこだわりながらも、新進アーティストや若い芸術家たちの作品も積極的に取り入れたアウガルテン。こちらは19世紀末のアールヌーボー・デコ時代、デザイン界の旗手ともいうべきヨーゼフ・ホフマン氏のデザインです。
ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

posted by hiromi at 22:27| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする