2020年06月25日

アウガルテン(AUGARTEN) フィギュリン(011210) スペイン乗馬学校 インザポスト 23.5cm 1596



アウガルテンの代表的フィギュリン スペイン乗馬学校シリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 スペイン乗馬学校
オプション ラッピング
サイズ 横幅22×奥行き18×高さ23.5cm

アウガルテンの代表的フィギュリンといえばスペイン乗馬学校シリーズ。皮膚感まで繊細に表現されているからこそ、ダイナミックな躍動感を感じさせます。
馬の中には、最初に騎手のいない状態でレバードを習得できる馬がいます。これは空中芸を学ぶ前に習得しなければなりません。馬がレバードを習得するかどうかで、ある程度、CaprioleやCourbetteをするのにより向いているかがわかります。アウガルテンでも同様に、レヴァードはスペイン乗馬学校モデルを製作する入門として、置物製作者の訓練用モデルとして使用されました。
ハプスブルク王宮内のパーフォーマンスで有名な、世界最古・最高と言われる古典乗馬 、ウィーンのスペイン乗馬学校。スペイン乗馬学校は、世界唯一の施設として、ルネサンス時代に集大成された古典馬術の最高技術を保存し、今日もなおそのオリジナルで優雅な演技を披露しています。1729年から1735年にかけてバロックの巨匠ヨハン・ベルンハルト・フィツンャー・フォン・エルラッハ氏によって建設され、当時は貴族の子弟がここで馬術を学んだため、今も乗馬学校と呼ばれています。騎手の壮観さだけでなく最も優良な馬リピッツァナー(スペイン乗馬学校の高等馬術で用いられている白馬のこと)がいる場所でも有名で、シャンデリア輝く演技場で白馬達がシュトラウス、モーツァルトなどのクラシック音楽に合わせて歩いたり走ったり跳んだりするショーは見る人々に深い感銘を与えます。レバード Levade(前肢を折り曲げて、 低くした後肢の飛節に馬体を載せる体勢で数秒間静止の状態をとる)、クールベット Courbette(後肢で立ち前肢を曲げる)、カプリオール Capriole(跳躍し空中で後肢を蹴って伸ばす)などの最も有名な古典馬術のデザインは、ウィーン陶磁器工場アウガルテンの芸術家が製作した陶磁器の置物によって不朽の名声を与えられました。
スペイン乗馬学校の置き物は、陶磁器の本体から成形されるのではなく、何十もの細かいパーツから成り立っています。仕上げ師によって熟練の職人芸を使って陶磁器から切り取られた手綱、あぶみ、サーベルなどのパーツは、本体に液体の陶磁器土を塗って取り付けられています

posted by hiromi at 16:42| Comment(0) | フィギュリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

アウガルテン(AUGARTEN) メロン ホワイト(1000) シュガー 0.25L(015)



ストライプという非常にシンプルなデザインながら、究極にモダンなエレガントさを感じさせるシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 メロン
オプション ラッピング
サイズ 口径6×横幅9×高さ10.5cm

通称ホフマンメロンと呼ばれ、ストライプという非常にシンプルなデザインながら、究極にモダンなエレガントさを感じさせるシリーズ。その名の通りメロンを連想させる形とデザインから「メロンシリーズ」と名付けられました。ウィーンの伝統的なデザインにこだわりながらも、新進アーティストや若い芸術家たちの作品も積極的に取り入れたアウガルテン。こちらは19世紀末のアールヌーボー・デコ時代、デザイン界の旗手ともいうべきヨーゼフ・ホフマン氏のデザインです。美しい白磁のシリーズですので、絵付け用にも人気がございます。
ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

posted by hiromi at 17:47| Comment(0) | シュガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

アウガルテン(AUGARTEN) デコヴィエナ ホフマン リッチ(6734R) コーヒーカップ&ソーサー 0.2L(019)



金彩でスズランの花のシルエットが描かれ、東洋との融合がみられる特徴的なデザイン

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 デコヴィエナ ホフマン
オプション ラッピング
サイズ 口径8.5×横幅11.2×高さ16.5cm ソーサー直径14.8cm

ウィーンの伝統的なデザインにこだわりながらも、新進アーティストや若い芸術家たちの作品も積極的に取り入れたアウガルテン。こちらは19世紀末のアールヌーボー・デコ時代、デザイン界の旗手ともいうべきヨーゼフ・ホフマン氏によるデザインです。東洋との融合がみられる特徴的なデザインで、金彩でスズランの花のシルエットが描かれております。ブラックのペイントが全体を引き締める絶妙なアクセントとなっており、製作も難易度が大変高い4本脚アイテムです。
ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

posted by hiromi at 17:35| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

アウガルテン(AUGARTEN) フィギュリン(011210) ハヤブサ 47cm 1888



アウガルテンの繊細なフィギュリンはとても写実的で、本当に心安らぐ作品です

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 その他
オプション ラッピング
サイズ 本体 横幅17×奥行き31×高さ34cm、台座 横幅13×奥行き11×高さ13cm

Matthias Claudius Aigner氏(オーストリアの芸術家)が、こちらのハヤブサの精巧な実物大のモデルを設計しました。非常にパワフルで美しいハヤブサは、特にアラビアの地域において希少で高価な鳥として人気があります。
アウガルテンのフィギュリンは、陶磁器の本体から成形されるのではなく、何十もの細かいパーツから成り立っています。その流し型は、細かい細工を保つために手、足、頭、洋服というようにいくつのもパーツに分けて型がとられます。それらのパーツは、本体に液体の陶磁器土を塗って取り付けられています。少ないものでも10ピースを下ることはなく、アウガルテンを代表する作品として有名なスペイン乗馬学校のフィギュリンに至っては68ピースものパーツが使われています。粘土の固さ、型抜きの時間など一連の作業は全て熟練した職人の勘により進められています。アウガルテンの繊細なフィギュリンはとても写実的で、本当に心安らぐ作品です。

posted by hiromi at 17:13| Comment(0) | フィギュリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

アウガルテン(AUGARTEN) マリアテレジア(5098D) ストローフラワー モカカップ&ソーサー 0.1L(062)



エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色したシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 マリアテレジア
オプション ラッピング
サイズ 口径7×高さ4.5cm ソーサー直径11.5cm

マリアテレジアの絵柄は、エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色したシンプルで重厚な作品です。当時女帝マリアテレジアの狩猟の城であったアウガルテン宮殿のディナーセットとして贈られたものであり、 アウガルテンの大いなる支援者であった女帝マリアテレジアに敬意を表してこの名前がつけられたもので、今日においても世界的に愛されています。
※モチーフは、スミレ・スイセン・ストローフラワー・イヌ薔薇(野ばら)・ヒナギク(デイジー)・バラの6種類ございます。

posted by hiromi at 17:12| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

アウガルテン(AUGARTEN) フィギュリン(011210) シューベルト 21.5cm 1621



アウガルテン宮殿は、ウィーンらしい音楽史が刻み込まれたオーストリアの歴史を語るにふさわしい場所です

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 音楽家
オプション ラッピング
サイズ 横幅17×奥行き12.5×高さ21cm

現在、アウガルテン磁器工房は、かつて、マリア・テレジアが狩猟用の館として使用していたアウガルテン宮殿に窯を置いています。1700年代後半モーツアルトは、この宮殿で催された「モーニングコンサート」の指揮者に任命され、1800年代初期にはベートーヴェンは、ヴァイオリンソナタ第9番 イ長調 作品47をピアノで初演し、ピアノの音色を響かせました。今日では、「天使の歌声」で知られるウィーン少年合唱団の寄宿舎が設けられ、アウガルテン宮殿は、そんなウィーンらしい音楽史が深く刻み込まれたオーストリアの歴史を語るにふさわしい由緒ある場所なのです。
アウガルテンのフィギュリンは、陶磁器の本体から成形されるのではなく、何十もの細かいパーツから成り立っています。その流し型は、細かい細工を保つために手、足、頭、洋服というようにいくつのもパーツに分けて型がとられます。それらのパーツは、本体に液体の陶磁器土を塗って取り付けられており、少ないものでも10ピースを下ることはなく、アウガルテンを代表する作品として有名なスペイン乗馬学校のフィギュリンに至っては68ピースものパーツが使われています。粘土の固さ、型抜きの時間など一連の作業は全て熟練した職人の勘により進められています。アウガルテンの繊細なフィギュリンはとても写実的で、本当に心安らぐ作品です。

posted by hiromi at 00:41| Comment(0) | フィギュリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

アウガルテン(AUGARTEN) ファンタジーバード(6766) コーヒーポット(L) 1.15L(070)



優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いた美しい作品

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ファンタジーバード
オプション ラッピング
サイズ 直径5×横幅17×奥行き14×高さ23cm

ファンタジーバードの絵柄はオーストリア応用美術博物館MAKに収められている作品からの復刻版。1785年頃に製作され「ロマンティック・ペインティング」と呼ばれたコレクションをもとに、優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いたこの美しい作品はアウガルテン工房の最上級絵付師によってのみ描かれています。

posted by hiromi at 17:59| Comment(0) | ティーポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

アウガルテン(AUGARTEN) ミレニアム(5169R) ティーカップ&ソーサー(S) 0.2L(001シューベルトシェイプ)



鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ミレニアム
オプション ラッピング
サイズ カップ口径9.3×横幅11.5×高さ5cm ソーサー直径15×高さ2cm

エレガントなパターンは1996年のオーストリア1000年を記念して作られました。ゴールドと赤のラインが細かく縁どられており、シンプルでありながらも特別感を醸し出すシリーズとなっています。最初の130セットはオーストリアの公式の場で使われており、シンプルなボーダーとモノグラム入りの2パターンが存在します。

posted by hiromi at 17:53| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

アウガルテン(AUGARTEN) 忘れな草(6690) ティーポット(L) 1.2L(001)



濃淡のついた小花や葉の一つ一つが繊細に手描きされた、控えめながらも優雅なシリーズ ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 忘れな草(FORGET-ME-NOT)
オプション ラッピング
サイズ 横幅21.5×奥行き15×高さ14cm

19世紀初頭に創作されビーダーマイヤー様式の忘れな草シリーズは、シンプルに見えて実はすごく描き込みが細かな絵付けです。パッと見はわからないのですが1点づつの花びらの濃淡や大きさなどが違って、ペインターの個性が垣間見れる逸品です。
※ビーダーマイヤー様式とは、19世紀前半の政情不安な時代にあって、家庭の中に平和な日常生活を見出そうとした市民の様式。アウガルテンでは、宮廷から裕福な市民階級へと顧客層が移り始めその意味でも手に入れやすい比較的安価な柄が開発されました。

posted by hiromi at 17:09| Comment(0) | ティーポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

アウガルテン(AUGARTEN) ファンタジーバード(6766) クリーマー 0.25L(070)



優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いた美しい作品

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ファンタジーバード
オプション ラッピング
サイズ 直径4.5×横幅9×奥行き7.5×高さ13.5cm

ファンタジーバードの絵柄はオーストリア応用美術博物館MAKに収められている作品からの復刻版。1785年頃に製作され「ロマンティック・ペインティング」と呼ばれたコレクションをもとに、優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いたこの美しい作品はアウガルテン工房の最上級絵付師によってのみ描かれています。

posted by hiromi at 17:31| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする