2015年06月27日

アウガルテン(AUGARTEN) フィギュリン(011210)ベートーベン 25cm 1756

アウガルテン宮殿は、ウィーンらしい音楽史が刻み込まれたオーストリアの歴史を語るにふさわしい場所です

メーカー: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: 音楽家
アイテム: インテリア
フィギュリン
サイズ: 台座縦9×横9×高さ4cm 頭部縦16×横18×高さ21cm


アウガルテンのフィギュリンは、陶磁器の本体から成形されるのではなく、何十もの細かいパーツから成り立っています。その流し型は、細かい細工を保つために手、足、頭、洋服というようにいくつのもパーツに分けて型がとられます。それらのパーツは、本体に液体の陶磁器土を塗って取り付けられており、少ないものでも10ピースを下ることはなく、アウガルテンを代表する作品として有名なスペイン乗馬学校のフィギュリンに至っては68ピースものパーツが使われています。粘土の固さ、型抜きの時間など一連の作業は全て熟練した職人の勘により進められています。アウガルテンの繊細なフィギュリンはとても写実的で、本当に心安らぐ作品です。

posted by hiromi at 01:21| Comment(0) | フィギュリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

アウガルテン(AUGARTEN) プリンスオイゲン(5848)ティーカップ&ソーサー(S) 620001

ハプスブルグ帝国の発展に大きく貢献した、軍人オイゲン公に献納されるべく命名されたシリーズ

メーカー: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: プリンスオイゲン
アイテム: カップ
ティーカップ&ソーサー
サイズ: 口径9×横幅11×高さ5cm ソーサー直径15cm


1720年に創作されたこの絵柄は、アウガルテンに属する最も古いシリーズの一つです。当時は、このような「シノワズリ」とよばれる東洋のモチーフが好まれました。このプリンスオイゲンという名は、ハプスブルグ帝国の発展に大きく貢献し、芸術の大いなる支援者として知られた軍人オイゲン公に献納されるべく命名されました。最初に使用されたのはウィーンのヴェルベデール宮殿のガーデン・ルームにおけるディナーでした。

posted by hiromi at 01:21| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする