2017年09月28日

アウガルテン(AUGARTEN) スキャタードローズ(5009)マグ(854)



可憐で可愛らしい小花がちりばめられた、19世紀前半に人気のあったスキャタードシリーズ♪

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: スキャタードローズ
サイズ: 口径7×横幅10×高さ10cm 満水容量約260cc(八分目約200cc)


19世紀のビーダーマイヤー時代は、のちにウィーン・スタイルと呼ばれる様式が確立した時代でもあります。シューベルトやシュトラウスなどが活躍したのもこの時代で、宮廷文化への憧れがありながらも、市民層が持つ軽快で明るい要素も取り入れられました。表面にちりばめられたバラの小花が、白磁の美しさを引き立たせます。

posted by hiromi at 23:49| Comment(0) | マグカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

アウガルテン(AUGARTEN) エリザベス(6745)コーヒーカップ&ソーサー(098ハプスブルクシェイプ)



美貌の皇妃エリザベートの好みに合わせた「白色地に金」というシンプルながらも格調高いシリーズ♪

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: エリザベス
サイズ: カップ直径6.5×横幅7.8×高さ6.5cm ソーサー直径12.8×高さ2cm


美貌の皇妃エリザベートは、アウガルテンが最も栄えた1837年に誕生しました。芸術・美術に対する感性に富み造詣も深かった彼女は、数多くの食器をアウガルテンをはじめ多くのヨーロッパの窯に注文したといわれています。また、アウガルテンの実質的オーナーとしてハプスブルク皇室支援の推進役を果たしたことでも知られています。エリザベートは「白色地に金」という装飾を好んだため、彼女の名がつけられたこのシリーズも彼女の好みに合わせたシンプルな格調高いものとしてデザインされています。

ラベル:エリザベス
posted by hiromi at 23:12| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーリーフエッジ(5343)プレート 20cm(001)



鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーリーフエッジ
サイズ: 直径19×高さ2.5cm


手書きのウィーン磁器工房アウガルテンは、シンプルさにこそ職人の技術が求められます。ウィンナーリーフエッジはまさにその典型で、デザインそのものはシンプルです。金彩で描かれた3本のラインは線の幅もぶれる事なく並行に描かれ、小さなリーフのその間隔は見事なまでに統一され色の濃淡までも同じです。この作品を作れる職人は、アウガルテンといえども一握りに限られております。

posted by hiromi at 21:48| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする