2017年11月28日

アウガルテン(AUGARTEN) ハイドランジェア(アジサイ)プレート 20cm(114ヴェルヴェデーレシェイプ)



日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています♪

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ハイドランジェア
サイズ: 実寸直径19×高さ2.3cm


ハプスブルク家からアウガルテンへの注文帳「インペリアル・オーダーブック」の中で、ジャポニズムスタイルを感じ取ることのできるシリーズの1つです。日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています。
初期バロック時代の傑作 ヴェルヴェデーレ114シェイプは、アウガルテン磁器工房の初期の時代に作られたものです。ディナーサービスに使用されており、シノワズリーのパターンに特に使用されています。初期バロック時代のシェイプは非常に素晴らしく、ウィーンにあるヴェルヴェデーレ宮殿を思い起こさせる美しいフォルムとなっています。

posted by hiromi at 16:44| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

アウガルテン(AUGARTEN) プリンスオイゲン(5848)プレート 20cm(001)



ハプスブルグ帝国の発展に大きく貢献した、軍人オイゲン公に献納されるべく命名されたシリーズ

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: プリンスオイゲン
サイズ: 直径20cm


1720年に創作されたこの絵柄は、アウガルテンに属する最も古いシリーズの一つです。当時は、このような「シノワズリ」とよばれる東洋のモチーフが好まれました。このプリンスオイゲンという名は、ハプスブルグ帝国の発展に大きく貢献し、芸術の大いなる支援者として知られた軍人オイゲン公に献納されるべく命名されました。最初に使用されたのはウィーンのヴェルベデール宮殿のガーデン・ルームにおけるディナーでした。

posted by hiromi at 23:42| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

アウガルテン(AUGARTEN) エナゴールドリム(5625)ティーカップ&ソーサー 0.20L(021)





ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: エナ
サイズ: カップ口径10×横幅13.5×高さ6cm ソーサー直径15×高さ1cm


アール・デコ期のアーティストとして著名なエナ・ロッテンベルグ氏(Ena Rottenberg 1893-1950)デザインによるこちらのシリーズは、1930年から製作されています。アウガルテンの特徴である、透明感あふれる美しいホワイト素地と流れるように繊細なシェイプは上品で気品溢れる仕上げになっており、マレーシア人や中国人、ムーア人などの東洋人をモチーフにした「エキゾチックヘッド」がつまみについたオリエンタルタイプは当時流行した様式です。

posted by hiromi at 23:55| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする