2017年12月29日

アウガルテン(AUGARTEN) スキャタードコーンフラワー(5010) キャンドルスタンド脚付(661)



可憐で可愛らしい小花がちりばめられた、19世紀前半に人気のあったスキャタードシリーズ♪

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 スキャタードコーンフラワー
オプション ラッピング
サイズ 直径5.5×横幅6.5×高さ5.5cm


女帝マリア・テレジアの末娘で後にフランス王妃となったマリー・アントワネットにも愛されたコーンフラワー=矢車草。この作品は18世紀末に描かれたデザインをビーダーマイヤ様式にアレンジしたものです。可憐で優美なデザインは同時期のシリーズ、忘れな草とともに女性に愛されているモチーフです。

posted by hiromi at 18:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

アウガルテン(AUGARTEN) ミトス(5557)エッグボックススタンド 11cm



幾何学模様が描かれている「ミトス」は1929年のヨーゼフ・ホフマンデザインによるもの

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ミトス
オプション ラッピング
サイズ 直径8×横幅7.5×高さ10.7cm


幾何学模様が描かれている「ミトス」は1929年のヨーゼフ・ホフマンデザインによるものです。 ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

ラベル:ミトス
posted by hiromi at 17:05| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

アウガルテン(AUGARTEN) マリアテレジア(5098B) ヒナギク プレート 20cm(062)



エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色したシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 マリアテレジア
オプション ラッピング
サイズ 20cm


マリアテレジアの絵柄は、エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色したシンプルで重厚な作品です。当時女帝マリアテレジアの狩猟の城であったアウガルテン宮殿のディナーセットとして贈られたものであり、 アウガルテンの大いなる支援者であった女帝マリアテレジアに敬意を表してこの名前がつけられたもので、今日においても世界的に愛されています。
※モチーフは、スミレ・スイセン・ストローフラワー・イヌ薔薇(野ばら)・ヒナギク(デイジー)・バラの6種類ございます。

posted by hiromi at 02:42| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする