2018年04月29日

アウガルテン(AUGARTEN) ハイドランジア(アジサイ)(6703) シュガー 0.25L(114ヴェルヴェデーレシェイプ)



日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています♪

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ハイドランジア
オプション ラッピング
サイズ 口径6.3×直径9.7×高さ9.8cm


ハプスブルク家からアウガルテンへの注文帳「インペリアル・オーダーブック」の中で、ジャポニズムスタイルを感じ取ることのできるシリーズの1つです。日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています。
初期バロック時代の傑作 ヴェルヴェデーレ114シェイプは、アウガルテン磁器工房の初期の時代に作られたものです。ディナーサービスに使用されており、シノワズリーのパターンに特に使用されています。初期バロック時代のシェイプは非常に素晴らしく、ウィーンにあるヴェルヴェデーレ宮殿を思い起こさせる美しいフォルムとなっています。

posted by hiromi at 23:30| Comment(0) | シュガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

アウガルテン(AUGARTEN) ミトス(5557) エッグシェイプボックス(606)



幾何学模様が描かれている「ミトス」は1929年のヨーゼフ・ホフマンデザインによるもの

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ミトス
オプション ラッピング
サイズ 口径7×4.5cm 横幅6.2×奥行き8.7×高さ5.5cm


幾何学模様が描かれている「ミトス」は1929年のヨーゼフ・ホフマンデザインによるものです。 ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

ラベル:ミトス
posted by hiromi at 23:09| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする