2018年12月28日

アウガルテン(AUGARTEN) モミの枝(6509) シュガー 0.25L(062モーツアルトシェイプ)



18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの枝をデザインしたシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 モミの枝
オプション ラッピング
サイズ 口径5.5×直径10×高さ10.5cm
冬でも青々としているモミの木は「永遠の命」を象徴する聖なる樹木です。ロココ時代には、貴族の間で流行ったハンティングのシンボルとして広く使われていました。雪のように白い白磁に映える重厚で深いグリーンの葉が印象的なシリーズです。1935年にデザインされたロングセラーの1つでもあります。シェイプはロココ調の優雅なモーツアルトシェイプ(062)です。

posted by hiromi at 16:22| Comment(0) | シュガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

アウガルテン(AUGARTEN) マリアテレジア シンプル(SA5983) ピンク ラウンドディッシュ&ティーボウル



ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 マリアテレジア
オプション ラッピング
【アウガルテンが日本の為だけに開発した日本限定シリーズ】
皇太子妃 雅子様がお嫁入り道具にされたことでも知られる、ウィーン磁器工房 アウガルテンを代表するデザイン「マリアテレジア」を、「類まれなる白と讃えられたアウガルテンを日常に」をモットーに普段使い用としてシンプルにアレンジされたコレクションです。その昔、ヨーロッパの名だたる宮廷で広められたティーマナーで、ティータイムを愉しんでみてはいかがでしょう。
「セット内容」
※マリアテレジア シンプル パープル シリーズ
・ティーボウル(湯呑み) ×1(口径8.8×高さ5.3cm)
・ラウンドディッシュ(ソーサー) ×1(直径12.6×高さ2.7cm)
マリアテレジアの絵柄は、エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色したシンプルで重厚な作品です。当時女帝マリアテレジアの狩猟の城であったアウガルテン宮殿のディナーセットとして贈られたものであり、 アウガルテンの大いなる支援者であった女帝マリアテレジアに敬意を表してこの名前がつけられたもので、今日においても世界的に愛されています。

posted by hiromi at 00:01| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする