2019年02月27日

アウガルテン(AUGARTEN) モミの枝(6509) プレート 20cm(062モーツアルトシェイプ)



18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの枝をデザインしたシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 モミの枝
オプション ラッピング
サイズ 直径19.8×高さ2cm
冬でも青々としているモミの木は「永遠の命」を象徴する聖なる樹木です。ロココ時代には、貴族の間で流行ったハンティングのシンボルとして広く使われていました。雪のように白い白磁に映える重厚で深いグリーンの葉が印象的なシリーズです。1935年にデザインされたロングセラーの1つでもあります。シェイプはロココ調の優雅なモーツアルトシェイプ(062)です。 アウガルテン(AUGARTEN) モミの枝(6509)プレート 20cm(062モーツアルトシェイプ)

posted by hiromi at 16:11| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

アウガルテン(AUGARTEN) モーツァルト スカイブルー(6860B) モカカップ&ソーサー ハプスブルグ(059)



類稀なる才能を持ったモーツァルトとハプスブルク家の深い親交が感じられます

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 モーツァルト
オプション ラッピング
サイズ 口径4.5×横幅6.5×高さ5cm ソーサー直径10.5cm
ヨーロッパで最も古い磁器窯の一つであるアウガルテン。ハプスブルクの女帝マリアテレジアから皇室直属窯の命を受けた18世紀半ば、時を同じくしてモーツァルトもこの世に生を受けました。モーツァルトとハプスブルク家の交流は彼の幼少時代からあり、類まれなる才能を持ったモーツァルトはマリアテレジアにたいそう気に入られたと言われています。モーツァルト シリーズはそのモーツァルトとハプスブルク家の交流を表すシリーズといっていいのではないでしょうか。

posted by hiromi at 23:37| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

アウガルテン(AUGARTEN) ハイドランジア(アジサイ)(6703) ティーカップ&ソーサー 0.2L(114ヴェルヴェデーレシェイプ)



日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています♪

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ハイドランジア
オプション ラッピング
サイズ カップ口径10.3×横幅11.8×高さ5cm ソーサー15.5×高さ2cm
ハプスブルク家からアウガルテンへの注文帳「インペリアル・オーダーブック」の中で、ジャポニズムスタイルを感じ取ることのできるシリーズの1つです。日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています。
初期バロック時代の傑作 ヴェルヴェデーレ114シェイプは、アウガルテン磁器工房の初期の時代に作られたものです。ディナーサービスに使用されており、シノワズリーのパターンに特に使用されています。初期バロック時代のシェイプは非常に素晴らしく、ウィーンにあるヴェルヴェデーレ宮殿を思い起こさせる美しいフォルムとなっています。

posted by hiromi at 15:16| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする