2020年02月28日

アウガルテン(AUGARTEN) フィギュリン(011210) シューベルト 21.5cm 1621



アウガルテン宮殿は、ウィーンらしい音楽史が刻み込まれたオーストリアの歴史を語るにふさわしい場所です

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 音楽家
オプション ラッピング
サイズ 横幅17×奥行き12.5×高さ21cm

現在、アウガルテン磁器工房は、かつて、マリア・テレジアが狩猟用の館として使用していたアウガルテン宮殿に窯を置いています。1700年代後半モーツアルトは、この宮殿で催された「モーニングコンサート」の指揮者に任命され、1800年代初期にはベートーヴェンは、ヴァイオリンソナタ第9番 イ長調 作品47をピアノで初演し、ピアノの音色を響かせました。今日では、「天使の歌声」で知られるウィーン少年合唱団の寄宿舎が設けられ、アウガルテン宮殿は、そんなウィーンらしい音楽史が深く刻み込まれたオーストリアの歴史を語るにふさわしい由緒ある場所なのです。
アウガルテンのフィギュリンは、陶磁器の本体から成形されるのではなく、何十もの細かいパーツから成り立っています。その流し型は、細かい細工を保つために手、足、頭、洋服というようにいくつのもパーツに分けて型がとられます。それらのパーツは、本体に液体の陶磁器土を塗って取り付けられており、少ないものでも10ピースを下ることはなく、アウガルテンを代表する作品として有名なスペイン乗馬学校のフィギュリンに至っては68ピースものパーツが使われています。粘土の固さ、型抜きの時間など一連の作業は全て熟練した職人の勘により進められています。アウガルテンの繊細なフィギュリンはとても写実的で、本当に心安らぐ作品です。

posted by hiromi at 00:41| Comment(0) | フィギュリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

アウガルテン(AUGARTEN) ファンタジーバード(6766) コーヒーポット(L) 1.15L(070)



優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いた美しい作品

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ファンタジーバード
オプション ラッピング
サイズ 直径5×横幅17×奥行き14×高さ23cm

ファンタジーバードの絵柄はオーストリア応用美術博物館MAKに収められている作品からの復刻版。1785年頃に製作され「ロマンティック・ペインティング」と呼ばれたコレクションをもとに、優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いたこの美しい作品はアウガルテン工房の最上級絵付師によってのみ描かれています。

posted by hiromi at 17:59| Comment(0) | ティーポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする