2017年08月15日

アウガルテン(AUGARTEN) ピアノソナタ310(6859)マグ(854)



モーツアルトのピアノソナタKV310の小節が描かれたシリーズ♪

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ピアノソナタ310(6859)
サイズ: 直径7.5×横幅10.5×高さ9.5cm


モダンナシェイプとストレートなラインが特徴のピアノソナタシリーズは、楽譜と金色のラインが印象強く、芸術的な仕上がりになっています。KV310は、モーツアルトが作った数少ない短調作品の一つです。1778年にパリで母親を亡くした年に作られたピアノ・ソナタは、モーツアルトの初めての短調作品で、その悲しみが曲調に影響を与えているとも言われています。悲しみの中にも深い美しさをたたえているこの作品は、今日でも多くの人に愛されている作品の一つとなっています。
ヨーロッパで最も古い磁器窯の一つであるアウガルテン。ハプスブルクの女帝マリアテレジアから皇室直属窯の命を受けた18世紀半ば、時を同じくしてモーツァルトもこの世に生を受けました。モーツァルトとハプスブルク家の交流は彼の幼少時代からあり、類まれなる才能を持ったモーツァルトはマリアテレジアにたいそう気に入られたと言われています。「モーツァルト ピアノソナタシリーズ」はそのモーツァルトとハプスブルク家の交流を表すシリーズといっていいのではないでしょうか。
数あるアウガルテン磁器製品の中でも、最もエレガントで美しいものの一つといわれているこのシリーズ。晩餐会や劇場での華麗な文化が表現されたロココ時代にこのシェイプは完成しました。
この時代に見られる生きることを優雅に楽しむという姿勢が表れた、代表的なシリーズといえるでしょう。

posted by hiromi at 22:09| Comment(0) | マグカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: