2020年05月03日

アウガルテン(AUGARTEN) デコヴィエナ ホフマン リッチ(6734R) コーヒーカップ&ソーサー 0.2L(019)



金彩でスズランの花のシルエットが描かれ、東洋との融合がみられる特徴的なデザイン

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 デコヴィエナ ホフマン
オプション ラッピング
サイズ 口径8.5×横幅11.2×高さ16.5cm ソーサー直径14.8cm

ウィーンの伝統的なデザインにこだわりながらも、新進アーティストや若い芸術家たちの作品も積極的に取り入れたアウガルテン。こちらは19世紀末のアールヌーボー・デコ時代、デザイン界の旗手ともいうべきヨーゼフ・ホフマン氏によるデザインです。東洋との融合がみられる特徴的なデザインで、金彩でスズランの花のシルエットが描かれております。ブラックのペイントが全体を引き締める絶妙なアクセントとなっており、製作も難易度が大変高い4本脚アイテムです。
ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

posted by hiromi at 17:35| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: