2017年09月16日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーリーフエッジ(5343)プレート 20cm(001)



鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーリーフエッジ
サイズ: 直径19×高さ2.5cm


手書きのウィーン磁器工房アウガルテンは、シンプルさにこそ職人の技術が求められます。ウィンナーリーフエッジはまさにその典型で、デザインそのものはシンプルです。金彩で描かれた3本のラインは線の幅もぶれる事なく並行に描かれ、小さなリーフのその間隔は見事なまでに統一され色の濃淡までも同じです。この作品を作れる職人は、アウガルテンといえども一握りに限られております。

posted by hiromi at 21:48| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

アウガルテン(AUGARTEN) シンプルブーケ(5052D) パンジー プレート 20cm(001)



金彩の縁取りの中に、バラやひなぎくそしてゆりなどを彩色豊かに表現しています

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: シンプルブーケ
サイズ: 20cm


18世紀前半は東洋の影響を強く受けたシノワズリ(ヨーロッパで流行した中国趣味の美術様式で、中国をイメージし、非対称の縮尺や漆など独特の素材や装飾を用いた様式が特徴)のモチーフがもてはやされましたが、その後アウガルテンでは様々なヨーロッパ独自の花模様を生み出していきました。この絵柄は18世紀後半からアウガルテンに伝わる花模様の絵柄をもとに、よりシンプルにアレンジして描いたものです。金彩の縁取りの中に、バラやひなぎくそしてゆりなどを彩色豊かに表現したこの作品は華麗さと上品さをかもし出しています。

posted by hiromi at 02:33| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

アウガルテン(AUGARTEN) デコヴィエナ ホフマン リッチ(6734R)プレート 20cm(019)



金彩でスズランの花のシルエットが描かれ、東洋との融合がみられる特徴的なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: デコヴィエナ ホフマン
サイズ: 直径実寸19cm 高さ2cm


ウィーンの伝統的なデザインにこだわりながらも、新進アーティストや若い芸術家たちの作品も積極的に取り入れたアウガルテン。こちらは19世紀末のアールヌーボー・デコ時代、デザイン界の旗手ともいうべきヨーゼフ・ホフマン氏によるデザインです。東洋との融合がみられる特徴的なデザインで、金彩でスズランの花のシルエットが描かれております。ブラックのペイントが全体を引き締める絶妙なアクセントとなっております。
ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

posted by hiromi at 22:09| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

アウガルテン(AUGARTEN) カラフルシノワズリ(5849)プレート 20cm(114ヴェルヴェデーレシェイプ)

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: カラフルシノワズリ
サイズ: 直径19.5×高さ2cm


当時の王侯貴族の憧れであった東洋の美、シノワズリ。中国や日本から陶磁器が伝わり始めた時代は、柿右衛門様式などの影響を受けた作品が数多くみられる時代でした。このシリーズは、アウガルテン最古の絵柄の1つとされるプリンスオイゲンに彩色を施したものです。

posted by hiromi at 00:01| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーローズ(5089)ケーキプレート 30cm(649)

鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーローズ
サイズ: 直径30×高さ2cm


ウィンナーローズの絵柄は、1924年アウガルテン宮殿にてウイーン磁器工房が再興されたころ、ウイーンの伝統的な花模様のローズをモチーフとして創りだされました。鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザインは何か人を引きつける魅力をもっています。ウイーン磁器工房の伝統と新しい息吹が生みだしたこの絵柄は、アウガルテンを代表する作品として、今日世界中に知られています。

posted by hiromi at 17:05| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

アウガルテン(AUGARTEN) エナセイロン(7061)プレート 20cm 440021

流れるようなフォルムに、東洋の昇る太陽を思わせる金の円が大きくデザインされたシリーズ

メーカー: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: エナセイロン
サイズ: 直径実寸20cm 高さ2cm


東洋の美への憧れを絵柄に載せた職人の熱い想いが伝わるシノワズリ。流れるようなフォルムに、東洋の昇る太陽を思わせる金の円が大きくデザインされたシリーズです。こちらのエナシェイプは、すでに四半世紀にわたり世界中の人を魅了し続けているウィーン工房のメンバーであったエナ・ロッテンベルグ氏によるデザインです。
※ウィーン工房は、1903年建築家ヨーゼフ・ホフマン、コロマン・モーザー、実業家のフリッツ・ヴェルンドルファーの三人によって設立されました。「工芸関連のすべての品々とインテリアと家全体の設計」を一手に引き受けることを目指していました。

posted by hiromi at 01:53| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

アウガルテン(AUGARTEN) アトランティスホワイト(1000C)プレート 20cm 440071

メーカー: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: アトランティスホワイト
アイテム: プレート・ボウル
中皿(18〜24cm)
サイズ: 直径実寸20.3×高さ2cm


アールデコを代表するデザイナーで、1897年にウィーンのグスタフ・クリムトを中心に結成されたウィーン分離派のヨーゼフ・ホフマンによるモダンデザイン。魚の鱗をモチーフにしたレリーフが繊細に刻まれ、陰影が美しいシリーズです。美しい白磁は、絵付け用にも人気がございます。

posted by hiromi at 23:26| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする