2019年02月15日

アウガルテン(AUGARTEN) モーツァルト スカイブルー(6860B) モカカップ&ソーサー ハプスブルグ(059)



類稀なる才能を持ったモーツァルトとハプスブルク家の深い親交が感じられます

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 モーツァルト
オプション ラッピング
サイズ 口径4.5×横幅6.5×高さ5cm ソーサー直径10.5cm
ヨーロッパで最も古い磁器窯の一つであるアウガルテン。ハプスブルクの女帝マリアテレジアから皇室直属窯の命を受けた18世紀半ば、時を同じくしてモーツァルトもこの世に生を受けました。モーツァルトとハプスブルク家の交流は彼の幼少時代からあり、類まれなる才能を持ったモーツァルトはマリアテレジアにたいそう気に入られたと言われています。モーツァルト シリーズはそのモーツァルトとハプスブルク家の交流を表すシリーズといっていいのではないでしょうか。

posted by hiromi at 23:37| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

アウガルテン(AUGARTEN) ハイドランジア(アジサイ)(6703) ティーカップ&ソーサー 0.2L(114ヴェルヴェデーレシェイプ)



日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています♪

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ハイドランジア
オプション ラッピング
サイズ カップ口径10.3×横幅11.8×高さ5cm ソーサー15.5×高さ2cm
ハプスブルク家からアウガルテンへの注文帳「インペリアル・オーダーブック」の中で、ジャポニズムスタイルを感じ取ることのできるシリーズの1つです。日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています。
初期バロック時代の傑作 ヴェルヴェデーレ114シェイプは、アウガルテン磁器工房の初期の時代に作られたものです。ディナーサービスに使用されており、シノワズリーのパターンに特に使用されています。初期バロック時代のシェイプは非常に素晴らしく、ウィーンにあるヴェルヴェデーレ宮殿を思い起こさせる美しいフォルムとなっています。

posted by hiromi at 15:16| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

アウガルテン(AUGARTEN) マリアテレジア シンプル(SA5983) ピンク ラウンドディッシュ&ティーボウル



ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 マリアテレジア
オプション ラッピング
【アウガルテンが日本の為だけに開発した日本限定シリーズ】
皇太子妃 雅子様がお嫁入り道具にされたことでも知られる、ウィーン磁器工房 アウガルテンを代表するデザイン「マリアテレジア」を、「類まれなる白と讃えられたアウガルテンを日常に」をモットーに普段使い用としてシンプルにアレンジされたコレクションです。その昔、ヨーロッパの名だたる宮廷で広められたティーマナーで、ティータイムを愉しんでみてはいかがでしょう。
「セット内容」
※マリアテレジア シンプル パープル シリーズ
・ティーボウル(湯呑み) ×1(口径8.8×高さ5.3cm)
・ラウンドディッシュ(ソーサー) ×1(直径12.6×高さ2.7cm)
マリアテレジアの絵柄は、エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色したシンプルで重厚な作品です。当時女帝マリアテレジアの狩猟の城であったアウガルテン宮殿のディナーセットとして贈られたものであり、 アウガルテンの大いなる支援者であった女帝マリアテレジアに敬意を表してこの名前がつけられたもので、今日においても世界的に愛されています。

posted by hiromi at 00:01| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

アウガルテン(AUGARTEN) 300周年アイテム チョコレートカップ&ソーサー200cc アマリア



ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 300周年アイテム
オプション ラッピング
サイズ カップ口径7×高さ7.5cm ソーサー直径15cm


2018年、ウィーン磁器工房アウガルテンが開窯300周年を迎えたことを記念して発売された記念アイテムです。
18世紀にアウガルテンで製造されていたトランブルーズ(Trembleuse)カップ。
Trembler(フランス語で揺れる/震える)という意味を持つこのカップ、当時は主にチョコレートなどを飲むために使用されていました。
コーヒー/チョコレートは限られた上流階級の人間だけが口にすることができた贅沢品。
このエキゾチックな飲み物をベッドで飲む、というのが当時の流行だったようで、シーツの上にこぼれないようにこの形になったと考えられています。
24金で縁どられたこちらのアイテム、当時の貴族たちの生活様式が垣間見えるような逸品です。

posted by hiromi at 18:09| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

アウガルテン(AUGARTEN) マリアテレジア2.0 グレイ(7798) コーヒーカップ&ソーサー 0.2L(001シューベルトシェイプ)



マリアテレジア2.0は、食洗機使用OKのシリーズです。

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 マリアテレジア2.0
オプション ラッピング
サイズ カップ口径8.2×横幅11×高さ6.2cm ソーサー14×高さ2.4cm


マリアテレジア2.0は、マリア・テレジア生誕300周年を記念して作られました。従来のマリアテレジアシリーズの金の縁どりを無くす代わりに現代的な色遣いとアシンメトリーデザインが特徴となっており、帝国時代の華麗な雰囲気を備えながらも、現代の生活スタイルにも合うシリーズとなっております。
※マリアテレジアシリーズについて
マリア・テレジアはハプスブルク家の中でも最も有名な女性の統治者であるだけでなく、文化と芸術をこよなく愛する知識人でもありました。1744年には、ウィーン磁器工房を王室所有の窯とし、ハプスブルク家の紋章の一部である盾の紋章を商標として使う許可を与えました。
彼女は狩りが趣味ではなかったと言われていますが、工房は狩猟用の館のディナーセットとしてグリーンの花を描いたシリーズを製作しました。こちらのシリーズは、彼女の名前を取ってマリア・テレジアと呼ばれています。発売された当時は、非常に革新的で斬新なデザインだったのですが、今ではアウガルテンでも最も良く知られた人気のデザインとなっています。

posted by hiromi at 18:06| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

アウガルテン(AUGARTEN) ビーダーマイヤー リボン(6793) ティーカップ&ソーサー(S) 0.2L(001)



円を描いたピンク色のリボンは幸福を意味してます♪

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ビーダーマイヤー リボン
オプション ラッピング
サイズ 口径9×横幅11×高さ5cm ソーサー直径15cm


19世紀前半のビーダーマイヤー時代のデザインをもとに、アウガルテン開窯275周年を記念し1993年に作られたシリーズ。円を描いたピンク色のリボンは幸福を意味してます。

posted by hiromi at 17:22| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

アウガルテン(AUGARTEN) オーパスプラチナリム(0025) 兼用カップ&ソーサー(068



幾何学的なラインにより、オーケストラのような音楽的・芸術的センスが光るシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 オーパス
オプション ラッピング
サイズ カップ口径9.3×横幅11.5×高さ6cm ソーサー直径15×高さ2cm


Opusとは、音楽作品の意味。幾何学的なラインにより、オーケストラのような音楽的・芸術的センスが光るシリーズ。シェイプもモチーフも伝統を重んじつつスタイリッシュなデザインが際立ち、洗練された現代的な空間に似合うテーブルウェアです。
こちらは、1903年、建築家のヨーゼフ・ホフマンとコロマン・モーザー、実業家のフリッツ・ヴェントルファーが設立した、建築設計やデザインを手がける「ウィーン工房」の重要なデザイナーの一人として評価されているミヒャエル・ポヴォルニー(Pro.Micheal Powoiny 1871-1954)によるデザインです。

posted by hiromi at 00:14| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

アウガルテン(AUGARTEN) エナゴールドリム(5625)ティーカップ&ソーサー 0.20L(021)





ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: エナ
サイズ: カップ口径10×横幅13.5×高さ6cm ソーサー直径15×高さ1cm


アール・デコ期のアーティストとして著名なエナ・ロッテンベルグ氏(Ena Rottenberg 1893-1950)デザインによるこちらのシリーズは、1930年から製作されています。アウガルテンの特徴である、透明感あふれる美しいホワイト素地と流れるように繊細なシェイプは上品で気品溢れる仕上げになっており、マレーシア人や中国人、ムーア人などの東洋人をモチーフにした「エキゾチックヘッド」がつまみについたオリエンタルタイプは当時流行した様式です。

posted by hiromi at 23:55| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

アウガルテン(AUGARTEN) マリアテレジア ピンク(50983) バラ ティーカップ&ソーサー 0.25L(062)



エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色した「マリアテレジア」シリーズのピンク彩色バージョン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: マリアテレジア
サイズ: 口径10×横幅12.5×高さ5.5cm ソーサー直径15cm


エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色した「マリアテレジア」シリーズのピンク彩色バージョンです。当時女帝マリアテレジアの狩猟の城であったアウガルテン宮殿のディナーセットとして贈られたものであり、 アウガルテンの大いなる支援者であった女帝マリアテレジアに敬意を表してこの名前がつけられたもので、今日においても世界的に愛されています。
※モチーフは、スミレ・スイセン・ストローフラワー・イヌ薔薇(野ばら)・ヒナギク(デイジー)・バラの6種類ございます。

posted by hiromi at 02:48| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

アウガルテン(AUGARTEN) ファンタジーバード(6766A)コーヒーカップ&ソーサー(070)



優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いた美しい作品

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ファンタジーバード
サイズ: カップ口径8.5×横幅11×高さ6.5cm ソーサー直径15cm


ファンタジーバードの絵柄はオーストリア応用美術博物館MAKに収められている作品からの復刻版。1785年頃に製作され「ロマンティック・ペインティング」と呼ばれたコレクションをもとに、優美で写実的なファンタジーバードと色彩豊かな花々を描いたこの美しい作品はアウガルテン工房の最上級絵付師によってのみ描かれています。

posted by hiromi at 02:28| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする