2017年04月30日

アウガルテン(AUGARTEN) ハイドランジェア(アジサイ)(6703)クリーマー(紅茶用) 0.3L(114ヴェルヴェデーレシェイプ)

日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています♪

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ハイドランジェア
サイズ: 口径9×5.5cm 横幅13.5×奥行き9×高さ7.4cm


ハプスブルク家からアウガルテンへの注文帳「インペリアル・オーダーブック」の中で、ジャポニズムスタイルを感じ取ることのできるシリーズの1つです。日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています。
初期バロック時代の傑作 ヴェルヴェデーレ114シェイプは、アウガルテン磁器工房の初期の時代に作られたものです。ディナーサービスに使用されており、シノワズリーのパターンに特に使用されています。初期バロック時代のシェイプは非常に素晴らしく、ウィーンにあるヴェルヴェデーレ宮殿を思い起こさせる美しいフォルムとなっています。

posted by hiromi at 02:51| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

アウガルテン(AUGARTEN) エナホワイト(1000J)クリーマー(紅茶用) 0.2L(021)

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: エナ
サイズ: 口径10×横幅15×高さ5cm


アール・デコ期のアーティストとして著名なエナ・ロッテンベルグ氏(Ena Rottenberg 1893-1950)デザインによるこちらのシリーズは、1930年から製作されています。アウガルテンの特徴である、透明感あふれる美しいホワイト素地と流れるように繊細なシェイプは上品で気品溢れる仕上げになっており、マレーシア人や中国人、ムーア人などの東洋人をモチーフにした「エキゾチックヘッド」がつまみについたオリエンタルタイプは当時流行した様式です。

posted by hiromi at 02:35| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーリーフエッジ(5343)クリーマー(S) 0.08L(001

鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーリーフエッジ
サイズ: 口径3.5×2.5cm 横幅6×高さ7cm


手書きのウィーン磁器工房アウガルテンは、シンプルさにこそ職人の技術が求められます。ウィンナーリーフエッジはまさにその典型で、デザインそのものはシンプルです。金彩で描かれた3本のラインは線の幅もぶれる事なく並行に描かれ、小さなリーフのその間隔は見事なまでに統一され色の濃淡までも同じです。この作品を作れる職人は、アウガルテンといえども一握りに限られております。

posted by hiromi at 22:13| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーローズ(5089)クリーマー(L) 502001

鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

メーカー: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーローズ
アイテム: ポット・クリーマー
クリーマー
サイズ: 口径4.5×3cm 横幅8.5×奥行き6.5×高さ9.5cm


ウィンナーローズの絵柄は、1924年アウガルテン宮殿にてウイーン磁器工房が再興されたころ、ウイーンの伝統的な花模様のローズをモチーフとして創りだされました。鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザインは何か人を引きつける魅力をもっています。ウイーン磁器工房の伝統と新しい息吹が生みだしたこの絵柄は、アウガルテンを代表する作品として、今日世界中に知られています。

posted by hiromi at 02:05| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

アウガルテン(AUGARTEN) アトランティスホワイト(1000)クリーマー 0.2L 506071

魚の鱗をモチーフにしたレリーフが繊細に刻まれ、陰影が美しいシリーズ

メーカー: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: アトランティスホワイト
アイテム: ポット・クリーマー
クリーマー
サイズ: 直径6×横幅12×奥行き7×高さ9cm


アールデコを代表するデザイナーで、1897年にウィーンのグスタフ・クリムトを中心に結成されたウィーン分離派のヨーゼフ・ホフマンによるモダンデザイン。魚の鱗をモチーフにしたレリーフが繊細に刻まれ、陰影が美しいシリーズです。美しい白磁は、絵付け用にも人気がございます。
ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

posted by hiromi at 00:58| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする