2018年09月29日

アウガルテン(AUGARTEN) クリスマスコレクション スノークリスタル ウィンナーローズ



ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 クリスマスコレクション
オプション ラッピング
サイズ 横幅7×奥行き厚み0.5×高さ8cm 紐全長36.5cm

posted by hiromi at 16:54| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

アウガルテン(AUGARTEN) 300周年アイテム ワインクーラー バッカス



ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 300周年アイテム
オプション ラッピング
サイズ 横幅35×奥行き22×高さ19cm 2.3kg


2018年、ウィーン磁器工房アウガルテンが開窯300周年を迎えたことを記念して発売された記念アイテムです。

19世紀ネオクラシカル時代のシェイプ。
正面にはビスク(素焼き)のメダリオンが焼き付けられ、持ち手は雄々しい山羊の頭で装飾されています。
ヨーロッパ各国の代表がオーストリアのウィーンに集結し、フランス革命・ナポレオン戦争後の後処理について話し合われた、ウィーン会議(1814-1815)の際、ワインは給仕される前にこういった入れ物に冷やされていました。
白熱した会議後の夜の晩餐を、少しでも和らげようと試みた、当時の人々の気苦労を知ることができます。

posted by hiromi at 17:56| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

アウガルテン(AUGARTEN) H・ワイディンガー(6712D) シジュウカラ 陶板(ゴールドフレーム付)



ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 H・ワイディンガー
オプション ラッピング
サイズ 陶板11.5×11.5cm フレーム15×15cm


動植物と自然を題材としたアウガルテンの著名なマイスターペインター Hubert Weidinger氏のオリジナルデザイン。オーストリアの野山に見られる野鳥が生き生きと繊細に表現されています。絵付けでもっとも難しいといわれる鳥達が緻密に描きこまれたすばらしい逸品です。

posted by hiromi at 18:14| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーリーフエッジ(5343) ジュエリーボックス 8cm (509)



ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ウィンナーリーフエッジ
オプション ラッピング
サイズ 直径8.2(内径6.7)×高さ5.5cm


手書きのウィーン磁器工房アウガルテンは、シンプルさにこそ職人の技術が求められます。ウィンナーリーフエッジはまさにその典型で、デザインそのものはシンプルです。

金彩で描かれた3本のラインは線の幅もぶれる事なく並行に描かれ、小さなリーフのその間隔は見事なまでに統一され色の濃淡までも同じです。
この作品を作れる職人は、アウガルテンといえども一握りに限られております。

posted by hiromi at 23:42| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

アウガルテン(AUGARTEN) 忘れな草(6690) ブルーライン ペンダント(銀金具)



濃淡のついた小花や葉の一つ一つが繊細に手描きされた、控えめながらも優雅なシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 忘れな草(FORGET−ME−NOT)
オプション ラッピング
サイズ 縦5×横3.2×厚み0.5cm


19世紀初頭に創作されビーダーマイヤー様式の忘れな草シリーズは、シンプルに見えて実はすごく描き込みが細かな絵付けです。パッと見はわからないのですが1点づつの花びらの濃淡や大きさなどが違って、ペインターの個性が垣間見れる逸品です。
※ビーダーマイヤー様式とは、19世紀前半の政情不安な時代にあって、家庭の中に平和な日常生活を見出そうとした市民の様式。アウガルテンでは、宮廷から裕福な市民階級へと顧客層が移り始めその意味でも手に入れやすい比較的安価な柄が開発されました。

ラベル:忘れな草
posted by hiromi at 16:22| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

アウガルテン(AUGARTEN) スプリング グリーンメドウ&フラワー(5504) エッグボックススタンド 8cm



鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 その他
オプション ラッピング
サイズ 直径6×高さ8cm


鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザインのエッグボックススタンド♪

posted by hiromi at 16:21| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

アウガルテン(AUGARTEN) ミトス(5557) エッグシェイプボックス(606)



幾何学模様が描かれている「ミトス」は1929年のヨーゼフ・ホフマンデザインによるもの

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ミトス
オプション ラッピング
サイズ 口径7×4.5cm 横幅6.2×奥行き8.7×高さ5.5cm


幾何学模様が描かれている「ミトス」は1929年のヨーゼフ・ホフマンデザインによるものです。 ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

ラベル:ミトス
posted by hiromi at 23:09| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

アウガルテン(AUGARTEN) スキャタードコーンフラワー(5010) キャンドルスタンド脚付(661)



可憐で可愛らしい小花がちりばめられた、19世紀前半に人気のあったスキャタードシリーズ♪

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 スキャタードコーンフラワー
オプション ラッピング
サイズ 直径5.5×横幅6.5×高さ5.5cm


女帝マリア・テレジアの末娘で後にフランス王妃となったマリー・アントワネットにも愛されたコーンフラワー=矢車草。この作品は18世紀末に描かれたデザインをビーダーマイヤ様式にアレンジしたものです。可憐で優美なデザインは同時期のシリーズ、忘れな草とともに女性に愛されているモチーフです。

posted by hiromi at 18:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

アウガルテン(AUGARTEN) ミトス(5557)エッグボックススタンド 11cm



幾何学模様が描かれている「ミトス」は1929年のヨーゼフ・ホフマンデザインによるもの

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 ミトス
オプション ラッピング
サイズ 直径8×横幅7.5×高さ10.7cm


幾何学模様が描かれている「ミトス」は1929年のヨーゼフ・ホフマンデザインによるものです。 ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

ラベル:ミトス
posted by hiromi at 17:05| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

アウガルテン(AUGARTEN) マリアテレジア(5098) クリスマスコレクション スノークリスタルオーナメント



エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色したシリーズ

ブランド名 アウガルテン(オーストリア)
シリーズ名 クリスマスコレクション
オプション ラッピング
サイズ 縦8×横7×厚み0.5cm 紐全長42cm


マリアテレジアの絵柄は、エレガントな花柄を18世紀に流行したハンティングのシンボルであったもみの木の色だけで彩色したシンプルで重厚な作品です。当時女帝マリアテレジアの狩猟の城であったアウガルテン宮殿のディナーセットとして贈られたものであり、 アウガルテンの大いなる支援者であった女帝マリアテレジアに敬意を表してこの名前がつけられたもので、今日においても世界的に愛されています。

posted by hiromi at 18:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする