2017年07月19日

アウガルテン(AUGARTEN)ウィンナーローズ ブルー(5089Q)ティーカップ&ソーサー(S) 0.2L(001)



ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーローズ
サイズ: 口径9×横幅11×高さ5cm ソーサー直径15cm


ウィンナーローズの絵柄は、1924年アウガルテン宮殿にてウイーン磁器工房が再興されたころ、ウイーンの伝統的な花模様のローズをモチーフとして創りだされました。鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザインは何か人を引きつける魅力をもっています。ウイーン磁器工房の伝統と新しい息吹が生みだしたこの絵柄は、アウガルテンを代表する作品として、今日世界中に知られています。

posted by hiromi at 02:32| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

アウガルテン(AUGARTEN) デコヴィエナ ホフマン リッチ(6734R)プレート 20cm(019)



金彩でスズランの花のシルエットが描かれ、東洋との融合がみられる特徴的なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: デコヴィエナ ホフマン
サイズ: 直径実寸19cm 高さ2cm


ウィーンの伝統的なデザインにこだわりながらも、新進アーティストや若い芸術家たちの作品も積極的に取り入れたアウガルテン。こちらは19世紀末のアールヌーボー・デコ時代、デザイン界の旗手ともいうべきヨーゼフ・ホフマン氏によるデザインです。東洋との融合がみられる特徴的なデザインで、金彩でスズランの花のシルエットが描かれております。ブラックのペイントが全体を引き締める絶妙なアクセントとなっております。
ヨーゼフ・ホフマン(1870〜1956) は、画家のグスタフ・クリムトを中心に結成されたSezession(ウィーン分離派)メンバーの一人で、1903年に総合的な芸術創作工房「ウィーン工房」を設立。彼の芸術はアールー・ヌーボーの装飾性を継承しつつも、直線、幾何学的パターン、明快な平面を基本とする新様式の先駆者で、それまでの芸術観念を打ち破った作品を次々と発表しました。モカセットのような食器の他、絵画、建築、家具などあらゆる生活用品のデザインを手がけました。

posted by hiromi at 22:09| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

アウガルテン(AUGARTEN) スキャタードコーンフラワー(5010)マグ(854)



可憐で可愛らしい小花がちりばめられた、19世紀前半に人気のあったスキャタードシリーズ♪

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: スキャタードコーンフラワー
サイズ: 口径7×横幅10×高さ10cm 満水容量約260cc(八分目約200cc)


女帝マリア・テレジアの末娘で後にフランス王妃となったマリー・アントワネットにも愛されたコーンフラワー=矢車草。この作品は18世紀末に描かれたデザインをビーダーマイヤ様式にアレンジしたものです。可憐で優美なデザインは同時期のシリーズ、忘れな草とともに女性に愛されているモチーフです。

posted by hiromi at 01:38| Comment(0) | マグカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

アウガルテン(AUGARTEN) スキャタードグレープリーブス(6490)シュガー(L) 0.3L(001シューベルトシェイプ)

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: スキャタードグレープリーブス
サイズ: 口径5×横幅12×奥行き10×高さ10.5cm


細かく配置されたぶどうの葉の絵柄は19世紀初頭まで遡ることができます。ぶどうの葉の文様は古くから好まれて使われてきたモチーフの1つです。

posted by hiromi at 23:07| Comment(0) | シュガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

アウガルテン(AUGARTEN) カラフルシノワズリ(5849)ティーカップ&ソーサー 0.2L(114ヴェルヴェデーレシェイプ)

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: カラフルシノワズリ
サイズ: カップ直径10.5×横幅12×高さ5.2cm ソーサー直径16×高さ2cm


当時の王侯貴族の憧れであった東洋の美、シノワズリ。中国や日本から陶磁器が伝わり始めた時代は、柿右衛門様式などの影響を受けた作品が数多くみられる時代でした。このシリーズは、アウガルテン最古の絵柄の1つとされるプリンスオイゲンに彩色を施したものです。

posted by hiromi at 22:43| Comment(0) | カップ&ソーサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

アウガルテン(AUGARTEN) カラフルシノワズリ(5849)プレート 20cm(114ヴェルヴェデーレシェイプ)

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: カラフルシノワズリ
サイズ: 直径19.5×高さ2cm


当時の王侯貴族の憧れであった東洋の美、シノワズリ。中国や日本から陶磁器が伝わり始めた時代は、柿右衛門様式などの影響を受けた作品が数多くみられる時代でした。このシリーズは、アウガルテン最古の絵柄の1つとされるプリンスオイゲンに彩色を施したものです。

posted by hiromi at 00:01| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーローズ(5089)ケーキプレート 30cm(649)

鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーローズ
サイズ: 直径30×高さ2cm


ウィンナーローズの絵柄は、1924年アウガルテン宮殿にてウイーン磁器工房が再興されたころ、ウイーンの伝統的な花模様のローズをモチーフとして創りだされました。鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザインは何か人を引きつける魅力をもっています。ウイーン磁器工房の伝統と新しい息吹が生みだしたこの絵柄は、アウガルテンを代表する作品として、今日世界中に知られています。

posted by hiromi at 17:05| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

アウガルテン(AUGARTEN) ハイドランジェア(アジサイ)(6703)クリーマー(紅茶用) 0.3L(114ヴェルヴェデーレシェイプ)

日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています♪

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ハイドランジェア
サイズ: 口径9×5.5cm 横幅13.5×奥行き9×高さ7.4cm


ハプスブルク家からアウガルテンへの注文帳「インペリアル・オーダーブック」の中で、ジャポニズムスタイルを感じ取ることのできるシリーズの1つです。日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています。
初期バロック時代の傑作 ヴェルヴェデーレ114シェイプは、アウガルテン磁器工房の初期の時代に作られたものです。ディナーサービスに使用されており、シノワズリーのパターンに特に使用されています。初期バロック時代のシェイプは非常に素晴らしく、ウィーンにあるヴェルヴェデーレ宮殿を思い起こさせる美しいフォルムとなっています。

posted by hiromi at 02:51| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

アウガルテン(AUGARTEN) エナホワイト(1000J)クリーマー(紅茶用) 0.2L(021)

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: エナ
サイズ: 口径10×横幅15×高さ5cm


アール・デコ期のアーティストとして著名なエナ・ロッテンベルグ氏(Ena Rottenberg 1893-1950)デザインによるこちらのシリーズは、1930年から製作されています。アウガルテンの特徴である、透明感あふれる美しいホワイト素地と流れるように繊細なシェイプは上品で気品溢れる仕上げになっており、マレーシア人や中国人、ムーア人などの東洋人をモチーフにした「エキゾチックヘッド」がつまみについたオリエンタルタイプは当時流行した様式です。

posted by hiromi at 02:35| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーローズ(5089)デジュネトレイ 36×32cm

鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーローズ
サイズ: 横幅35×奥行き29.7×高さ3cm


優雅なひとときに欠かせない存在といえばアウガルテンならではのトレイ-デジュネトレイ-。ちょっとしたティータイムにデジュネトレイの素敵な演出は、皆の注目を集める事間違いなしです。
ウィンナーローズの絵柄は、1924年アウガルテン宮殿にてウイーン磁器工房が再興されたころ、ウイーンの伝統的な花模様のローズをモチーフとして創りだされました。鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザインは何か人を引きつける魅力をもっています。ウイーン磁器工房の伝統と新しい息吹が生みだしたこの絵柄は、アウガルテンを代表する作品として、今日世界中に知られています。

posted by hiromi at 22:53| Comment(0) | ディッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする