2017年05月02日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーローズ(5089)ケーキプレート 30cm(649)

鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーローズ
サイズ: 直径30×高さ2cm


ウィンナーローズの絵柄は、1924年アウガルテン宮殿にてウイーン磁器工房が再興されたころ、ウイーンの伝統的な花模様のローズをモチーフとして創りだされました。鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザインは何か人を引きつける魅力をもっています。ウイーン磁器工房の伝統と新しい息吹が生みだしたこの絵柄は、アウガルテンを代表する作品として、今日世界中に知られています。

posted by hiromi at 17:05| Comment(0) | プレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

アウガルテン(AUGARTEN) ハイドランジェア(アジサイ)(6703)クリーマー(紅茶用) 0.3L(114ヴェルヴェデーレシェイプ)

日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています♪

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ハイドランジェア
サイズ: 口径9×5.5cm 横幅13.5×奥行き9×高さ7.4cm


ハプスブルク家からアウガルテンへの注文帳「インペリアル・オーダーブック」の中で、ジャポニズムスタイルを感じ取ることのできるシリーズの1つです。日本では梅雨を表すアジサイを、紫がかったブルー・バイオレットにし、透明感のある鮮やかなエメラルドグリーンのコンビネーションで明るい色調に描いています。
初期バロック時代の傑作 ヴェルヴェデーレ114シェイプは、アウガルテン磁器工房の初期の時代に作られたものです。ディナーサービスに使用されており、シノワズリーのパターンに特に使用されています。初期バロック時代のシェイプは非常に素晴らしく、ウィーンにあるヴェルヴェデーレ宮殿を思い起こさせる美しいフォルムとなっています。

posted by hiromi at 02:51| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

アウガルテン(AUGARTEN) エナホワイト(1000J)クリーマー(紅茶用) 0.2L(021)

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: エナ
サイズ: 口径10×横幅15×高さ5cm


アール・デコ期のアーティストとして著名なエナ・ロッテンベルグ氏(Ena Rottenberg 1893-1950)デザインによるこちらのシリーズは、1930年から製作されています。アウガルテンの特徴である、透明感あふれる美しいホワイト素地と流れるように繊細なシェイプは上品で気品溢れる仕上げになっており、マレーシア人や中国人、ムーア人などの東洋人をモチーフにした「エキゾチックヘッド」がつまみについたオリエンタルタイプは当時流行した様式です。

posted by hiromi at 02:35| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーローズ(5089)デジュネトレイ 36×32cm

鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーローズ
サイズ: 横幅35×奥行き29.7×高さ3cm


優雅なひとときに欠かせない存在といえばアウガルテンならではのトレイ-デジュネトレイ-。ちょっとしたティータイムにデジュネトレイの素敵な演出は、皆の注目を集める事間違いなしです。
ウィンナーローズの絵柄は、1924年アウガルテン宮殿にてウイーン磁器工房が再興されたころ、ウイーンの伝統的な花模様のローズをモチーフとして創りだされました。鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザインは何か人を引きつける魅力をもっています。ウイーン磁器工房の伝統と新しい息吹が生みだしたこの絵柄は、アウガルテンを代表する作品として、今日世界中に知られています。

posted by hiromi at 22:53| Comment(0) | ディッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーリーフエッジ(5343)クリーマー(S) 0.08L(001

鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーリーフエッジ
サイズ: 口径3.5×2.5cm 横幅6×高さ7cm


手書きのウィーン磁器工房アウガルテンは、シンプルさにこそ職人の技術が求められます。ウィンナーリーフエッジはまさにその典型で、デザインそのものはシンプルです。金彩で描かれた3本のラインは線の幅もぶれる事なく並行に描かれ、小さなリーフのその間隔は見事なまでに統一され色の濃淡までも同じです。この作品を作れる職人は、アウガルテンといえども一握りに限られております。

posted by hiromi at 22:13| Comment(0) | クリーマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーローズ(5089)シュガー(L) 0.3L(001)

鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザイン

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーローズ
サイズ: 口径5×横幅12×奥行き10×高さ10.5cm


ウィンナーローズの絵柄は、1924年アウガルテン宮殿にてウイーン磁器工房が再興されたころ、ウイーンの伝統的な花模様のローズをモチーフとして創りだされました。鮮やかでありながら上品で美しい色づかいと優雅なデザインは何か人を引きつける魅力をもっています。ウイーン磁器工房の伝統と新しい息吹が生みだしたこの絵柄は、アウガルテンを代表する作品として、今日世界中に知られています。

posted by hiromi at 18:31| Comment(0) | シュガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

アウガルテン(AUGARTEN) ウィンナーリーフエッジ(5343)マグ(854)

ブランド: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ウィンナーリーフエッジ
サイズ: 口径7.3×横幅10.5×高さ9.5cm


手書きのウィーン磁器工房アウガルテンは、シンプルさにこそ職人の技術が求められます。ウィンナーリーフエッジはまさにその典型で、デザインそのものはシンプルです。金彩で描かれた3本のラインは線の幅もぶれる事なく並行に描かれ、小さなリーフのその間隔は見事なまでに統一され色の濃淡までも同じです。この作品を作れる職人は、アウガルテンといえども一握りに限られております。

posted by hiromi at 18:00| Comment(0) | マグカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

アウガルテン(AUGARTEN) エナホワイト(1000)ティーポット(L) 1.2L(021)

メーカー: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: エナ
サイズ: 口径8×横幅27×奥行き17.5×高さ12.4cm


アール・デコ期のアーティストとして著名なエナ・ロッテンベルグ氏(Ena Rottenberg 1893-1950)デザインによるこちらのシリーズは、1930年から製作されています。アウガルテンの特徴である、透明感あふれる美しいホワイト素地と流れるように繊細なシェイプは上品で気品溢れる仕上げになっており、マレーシア人や中国人、ムーア人などの東洋人をモチーフにした「エキゾチックヘッド」がつまみについたオリエンタルタイプは当時流行した様式です。

posted by hiromi at 03:33| Comment(0) | ティーポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

アウガルテン(AUGARTEN) ビーダーマイヤー リボン(6793)ラウンドディッシュ 12.5cm

ピンク色のリボンは幸福を意味してます♪

メーカー: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: ビーダーマイヤー リボン
サイズ: 直径12.8×高さ2.7cm


19世紀前半のビーダーマイヤー時代のデザインをもとに、アウガルテン開窯275周年を記念し1993年に作られたシリーズ。ピンク色のリボンは幸福を意味してます。

posted by hiromi at 02:44| Comment(0) | ディッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

アウガルテン(AUGARTEN) エナホワイト(1000)シュガー 0.25L(021)

メーカー: アウガルテン(オーストリア)
シリーズ: エナ
サイズ: 口径8×直径10.5×高さ7.8cm


アール・デコ期のアーティストとして著名なエナ・ロッテンベルグ氏(Ena Rottenberg 1893-1950)デザインによるこちらのシリーズは、1930年から製作されています。アウガルテンの特徴である、透明感あふれる美しいホワイト素地と流れるように繊細なシェイプは上品で気品溢れる仕上げになっており、マレーシア人や中国人、ムーア人などの東洋人をモチーフにした「エキゾチックヘッド」がつまみについたオリエンタルタイプは当時流行した様式です。

posted by hiromi at 02:44| Comment(0) | シュガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする